買い替えで家を購入する時の注意点

住宅購入

 

不動産売却というか、マイホームを売る場合、新居を購入するってことも結構多いと思います。

 

つまり買い替えですね。

 

その際、注意しなければいけないことの一つが資金の問題です。

 

ほとんどの人が住宅ローンを組むと思います。
住宅ローンの種類は大きく分けると2種類。

 

  • 公的ローン
  • 金融機関のローン

 

です。

 

公的ローンの場合も、

 

  • 住宅金融公庫
  • 財形住宅
  • 自治体融資

 

などがあります。

 

もちろん、融資条件はありますが、比較的承認されやすい条件と言われています。
金利も通常の民間銀行等のローンよりも低めなので、利用できる場合は是非利用してみて下さいね。

 

 

また、ローンの内容ですが、

  • 変動金利
  • 固定金利

がありますが、最近は固定でもかなり安い金利で借りられます。

 

固定は金利上昇の不安が無いので金利が安い今は結構おススメですよ^^

 

 

不動産売却の初心者が家を高く売るには?

不動産売却が初めてな人のために、家を高く売るための方法やコツを調べてみました。

 

どこのサイトを見ても、

 

一社だけでなく複数の不動産屋に査定してもらうこと

 

って書いてあります。

 

これはもっともなことで、
一社だけだと比較もできないし、相場的に正しいのかどうかも分からないですよね。

 

 

メリットは?

 

例えば、これ↓

 

不動産を複数社で査定するメリット
出展:不動産売却・査定完全ガイド〜家を最も高く売る方法教えます!

 

複数社での査定は必須事項って書いてますよね!?

 

 

サイトの内容をよく読むと分かりますが、一社だけに査定とか売却仲介をお願いすると
足元を見られちゃったりするみたいですね。

 

街中の不動産屋の中には、不当な手数料を請求してきたりと悪徳業者もいるようです。
まぁ、今はそんなひどい業者は少なくなってきてるとは思いますが・・・

 

 

いずれにしても、出来るだけ高く売りたいなら何社かに査定をお願いしておくべきですね〜。

 

 

その他、

 

  • 家を綺麗にしておく
  • あまり焦って売らない

 

ってこともポイントです。

 

できるだけ、後悔しないよう慎重に行動しましょう^^